自分で処理できない無駄毛を処理する方法

デリケートゾーンの無駄毛処理

自分で処理するのが難しい無駄毛、といって思い浮かぶのはどこの毛でしょうか。比較的、脚や腕は処理しやすいものです。その点、ちょっと処理するのが難しいのがデリケートゾーン。
デリケートゾーンというのは、ビキニラインの事。脱毛メニューだと「V.I.O」と言われている部分です。
V=ショーツを履いた時にできる三角のライン。
I=女性器のまわりの部分。
O=肛門周辺の部分。
この部分は、肌もやわらかく敏感なため、自己処理がとても難しいです。毛抜きで抜けば毛穴トラブルになる事もあり、かみそりで剃ればかみそり負けでお肌を傷めたり、伸びてきた時にかゆみが出てしまう事もあります。
しかし、女性としてはショーツから出てしまう無駄毛や、生理の際に衛生的に気になる部分の無駄毛など、そのままにはしておけない部分である事は事実です。

デリケートゾーンの処理はエステか美容外科

自己処理が難しいデリケートゾーンの無駄毛の処理は思いきってプロに委ねましょう。
一番身近な方法ですと「脱毛サロン」か「医療レーザー脱毛」になります。
「脱毛サロン」はエステティックサロンになりますので、光脱毛などの処理が主流です。医療レーザーよりは痛みが少ないところが魅力です。しかし、医療行為では無いため照射できる範囲が医療脱毛より狭くなりがちですので、自分が希望する範囲よりは多少照射する範囲が狭くなってしまう事もあります。
「医療レーザー」は美容外科などで行われる医療行為です。医師の診察後にレーザー照射の処置になります。エステ脱毛より範囲は広く出来ますが、照射の力が強いため痛みもエステより強く感じる事もあります。